法人のキャッシングについて

基本的にキャッシングというと、個人で利用するお金の借り入れというイメージが強いですが、
実は法人でも利用できる法人向けのキャッシングというものもあります。

法人キャッシングは個人に比べて金利が低めに設定されている

個人で利用する場合に比べて、金利面で優遇され、やや低めに設定されていることが多いです。
これは会社の信用ということに関係しています。
また個人で借り入れをするよりも、審査も迅速に行われる場合も多く、
即日で融資が受けられることもあります。

返済が滞った場合はややリスクがある。

このように、法人キャッシングは、会社の経営者にとって
さまざまなメリットがありますが、その反面、やはり、リスクも含んでいます。
一番問題になるのは、やはり返済が滞ってしまった場合です。

これは会社に限らず個人の場合でも問題ですが、
個人でしたらその責任は一個人にかかるだけですし、
遅延したという情報が、勤めている会社に知れ渡ったり、
その結果会社をクビになるなどということはありません。

ですがこれが法人であった場合には、その延滞や支払いが難しいなどの情報は、
すぐに、キャッシングを利用していた金融機関だけではなく、
他の金融機関にも知れ渡ってしまうことになります。
情報センターなどにその情報がいきますので、他の金融機関もその情報を
得ることができるからです。

その結果、その後のキャッシングそのものの利用が難しくなります。
このようにメリットとリスクを併せもつキャッシングですので、
きちんと考慮したうえで利用することが大切になります。

コンテンツ