大口融資の審査について

会社の資金などである程度まとまった金額が必要になった場合、
金融機関に大口融資の申し込みをする会社もあるようです。

大口融資は、借入の金額が大きくなるので、
その分審査も厳しくなることが多いようです。

特に金利が低い銀行に大口融資の申し込みをする場合は、
審査が厳しく、期間も長くかかるということが多いと言われています。
会社で大口融資を受ける場合は、会社の収益がどれくらいあるのかを
提示できるようにし、きちんとした返済計画を作っておくことが必要です。

担当者と面談をするときは、会社概要や事業内容などをきちんと
説明できるようにしておきましょう。
大口融資は、小口融資に比べると金利が低くなることが多いと言われています。
そのため、審査に通るように申込みの際は、事前にきちんと準備をしておきましょう。
大口融資は個人でも受けることができます。
個人で融資を受ける場合も会社と同じように審査は厳しくなります。

銀行での融資ができなかった場合は消費者金融も検討する

金利が低い銀行で融資を受けるこができなかった場合は、
消費者金融でも融資の申し込みをすることができます。
消費者金融は、銀行に比べると、基準が甘くなるので、
融資を受けやすいと言われています。

また、消費者金融の中には、大口融資もインターネットから
申込みをすることができるところもあるようです。
消費者金融は、融資を受けやすい反面、金利が高いところが多いようです。
基準が甘く、融資を受けやすい、というだけで申込みをすると、
返済が厳しくなることもあるので注意が必要です。
また消費者金融での大口融資であっても審査に通らない事には融資を受けることはできません。
銀行に比べると審査が比較的緩いのは事実ですが、大口融資の場合は審査以前に
借入額によっては借りられません。というのも総量規制という法律があるので
年収の3分の1までしか借りる事ができません。
200万円借りようと思ったら、年収は600万円以上必要になります。

コンテンツ