カードローンを利用する意味とは

給料日までの数日間、
どうしてもお金が足りなくなってしまったとか、
めったに出てこないような出物を、オークションで見つけてしまったけれど、
手持ちのお金ではたりない。
さらには、身内に不幸が起きてしまいある程度の金額をすぐに用立てなければならない、などなど・・・。

プランを立てて計画的にお金を使う生活を送っていても、
急にお金が必要となってしまうケースは多々あります。
そんなときに、お金を借りるということは、
立派な選択肢であると思います。

銀行や信用金庫、消費者金融業者などが
個人に対して利子付きでお金を貸し出すいわゆるローンサービスを
提供しているということは広く知られています。

使い勝手のよいカードローン

ローンサービスは、何も銀行や消費者金融業者の店舗を訪ねないと
受けられないサービスではなく、各融資元が発行しているカードローンを利用することで、
クレジットサービスやローンサービスを使用できるようになっているのです。

カードローンではカードローンとはどのようなものなのかというと、
予め契約している貸出枠の範囲で、
ATMなどを通じて資金融資が受けられるサービスだと認識しておいていいでしょう。

個人向けのカードローンは担保を必要としない無担保型が多く、
10万円程度の小額融資の場合審査時間が極端に短い。
といったメリットがあるため短期返済が可能な金額を一時的借りたい場合に最適であるとされています。

カードローンを利用する意味として多いのが、
生活費の補充とレジャーでの支出の補充です。
カードローンはキャッシングに比べ分割での支払いが行いやすいので、
高い買い物を分割購入したい場合に役立てられやすいのです。

また、銀行カードローンの利用することで、消費者金融などでキャッシングするのに比べて
金利が低く借入する事が可能です。 どうせ借りるなら低金利の方が良いはずです。
以前まで銀行カードローンといえば、時間がかかって必要な時に利用できないと言われていましたが、
今では、消費者金融と同様に即日融資に対応している銀行カードローンもあります。
審査については少し厳しくなりますが、 利用できるなら消費者金融でキャッシングするよりかは
銀行カードローンを利用して方が金利が低いので返済額も少なくなります。

カードローンでのキャッシング

またカードローンはキャッシングではその意味合いが違ってきます。
どちらも一時的にお金を借りるという意味では一緒ですが、
キャッシングの場合は翌月一括払いで返済するお金の借り方であり、
カードローンの場合は一括払いと分割払いが選べるようになっている
お金の借り方であると覚えておくといいでしょう。

クレジットカード会社や信販会社、消費者金融業者が発行している
カードローンの中にはクレジット機能が付いていないカードも多く存在しています。
つまりインターネットショッピングなどでも利用できるキャッシュカードと、
同様の使い方は行なえないということなので、
各カードにどのような機能が付けられているのかをしっかり認識しておくことが重要なのです。

カードローンを利用する意味は千差万別ではありますが、
なるべくなら分割を少ない回数に設定し利息が少ない状態で返済を完了させることを推奨します。

コンテンツ