リーマンショックから学ぶお金の価値

リーマンブラザーズ(Lehman Brothers)の経営破綻は記憶に新しいとおもいます。
絶対につぶれないものはない!ということはビジネスや経済の世界ではありえない
ことなのかもしれない
と、この事件で感じた人も多いのではないでしょうか。

実際にあの2008年から経営が困難になった会社は多いかと思います。
何とか持ちこたえていた企業も徐々に徐々に水の波紋のように、広がっていく
というのはあの時のことをいうのだなと私は感じています。

まあ私の関係する会社は実質的な被害は少なかったのでよかったのですが、
じわじわーときつい感じの会社さんは多かったですね。

サブプライムローンから始まった
リーマンショックはサブプライムローンから始まった
とよく言われていますね。
これに関してはこちらを参考にしてもらうとわかりやすいかと思います。
リーマンショックとサブプライム問題は関係があるの?(ヤフー知恵袋)

投資・投機に絶対はない

絶対の正解の情報はない物の価値とは非常に不安定なものです。
お金は資産運用をしていくことは大事なことだと思いますが
このリーマンブラザーズから学べることといえば、完璧な金融商品は
ないということだと思います。

いずれ、バブルがはじけるか、途中で大きな事故が起こる可能性があるのだから
リスクヘッジは最大限にしておかなければいけません。

個人のレベルでいえば、もうけ過ぎても使いきれないので意味がないと考えたほうが
賢いのではないかと思います。投資はギャンブルではないと思います。
年収からではなくよく貯金から生活費1年から2年くらい分を差し引いて残った金額を
投資すべきだとか、貯金は貯めていてももったいないからできるだけ分散して全額を
投資すべきだとか、人によって意見は様々だと思います。

どうすればいいかわからないというのは当然ですが、必ずしも
専門家の意見が正しいということはないでしょう。

勿論、元金は大きい方がリターンも大きいに決まってはいますが
いくらそうとはいっても何かあった時に生活できるお金は絶対に確保して
おいた方が良いと私は思います。

まあ規模が違いますのであれなんですけどね。。。

だってリーマンは何百兆の企業だったわけですから、
たぶんこれも教訓といえば教訓であまりにも資産が巨大になると
有り余った資産をどこかに投資しなければいけなくなってくるわけで、
サブプライムローンもその一つだったのかと思います。

歯車がひとつ狂うだけで巨人も床に伏すわけですから
個人も同様に頭の片隅にこのことを記憶しておくのは損はないなと感じた次第です。

サブプライムとか不動産関係の価値下落は今の情勢から考えるとあり得なく もないですね。
下がるより上がるという方法が強いでしょうが一度歯車が狂った
時下落の危険性も孕んではいるでしょう。今現在不動産やマンションで
ローンを組んでいる場合はマンション売却を後悔しないで高く売るための方法も事態が起きる前に
考えておいたほうが良いかもしれません。備えあれば憂いなしです。

コンテンツ