お金は地位や権力のある人は簡単に手にする

先日の東京都知事の借用証で話題になったあの話からも
感じたのですが、お金というものは水ものだなと感じました。
結局権力、地位名誉、名声がある方は金を手に入れようと思えば
簡単に手にすることができます。まあ悪いことはしてはいけませんが、
こんな風に風刺されてしまうこともあるのですべてが良いとは
思いません。

虚構新聞より:何かと便利な「借用証」ダウンロードページ
実際のところ年率の取り決めをしていない場合は
利率の年5%がかかるという民法があるようですので
金貸すよ。利息いらないよと言わない場合などで利息がかからないという
ことはまずないと言えるのではないかと思います。
※詳しくは弁護士さんとかにきいてね。

若い人お金がほしいなら間接的にお金をもらう方法を考えたほうが良い

どうしても若いころは直接的な方向でお金を得ようとしますよね。
極端なことをいうと、パチンコなどのギャンブル。手っ取り早くお金を増やす
方法を考えるわけですがこれほど効率の悪いことはありません。だからギャンブル
と言われているわけですが。

だって24時間換算でマックスいくら稼げるの?という話です。
100万円も稼ぐことできないでしょ。パチンコだと。
そのビジネスにおいて限界利益を考えることは常識といえるでしょう。

スケールするのかしないのか、どの程度の限界利益なのかを考えて
仕事をするというのはある程度経験を積んでみないとわかりません。

若い時はどうしても目先の利益だけを見てしまうことが多いと思います。
まあ金はある程度の量で良いという部分もありますので
どうなりたいかは人それぞれだとも思います。
でも、だからこそ、お金じゃなくて間接的にお金をもらうことを考える
べきなんではないかなと思うわけです。

間接的にお金をもらえる人とは?

1つは技術を持っている人でしょう。
完全な経営者で自分は何もしないというのもそれはそれでありなのですが
何か軸となる技術を持っていたほうが物事を考えるときに役に立ちますし
経営でなくともその技術を生かして仕事をもらうことが可能だと思います。

昔は資格と言われていましたが資格よりも技術。が今の時代なのではないか
と思います。あと、学歴よりも学ですかね。
一流企業となるとすべてを持ってないとというのもあるとは思いますが。

コンテンツ